ウーマン

美容外科で叶えられる

医師

ほうれい線の解消

歳を重ねるにつれ気になってくるのが顔の老化です。特に口元のほうれい線に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ほうれい線があるだけで、実際の年齢よりも老けてみられがちです。なんとかしてこのほうれい線を無くしたいと考えている人におすすめなのが、美容整形によって目立たなくする施術方法です。自分にあった方法を選んで、アンチエイジングを成功させましょう。ほうれい線を改善する治療方法は、大きく分けて四つあります。一つ目は注入治療で、ヒアルロン酸をほうれい線部分に注入する方法です。かかる時間は10分程度なので、治療にあまり時間をかけたくない人におすすめです。また、即効性があり、施術直後からメイクも可能となります。しかも、ヒアルロン酸は体内にもともと存在している成分なので、副作用やアレルギーの心配もほとんどありません。費用も四つの施術方法の中で一番安価なため、最もお手軽にできるほうれい線治療と言えます。しかし、失敗を避けるためにもヒアルロン酸注入の実績が多いクリニックや、口コミで満足度の高いクリニックで施術を受けるようにしましょう。また、半年程度しか効果が持たないため、長期間の効果は期待できませんが、試しに治療してみたい人やまずは手軽な治療から始めたいという人にぴったりの治療法といえるでしょう。ほうれい線だけがくっきりあって目立ってしまうといった場合に最適な治療法です。顔全体の若返りを望む人におすすめなのは、高周波治療です。美容マシンで行うこの施術は、高周波の熱を照射して、肌がダメージを受けて回復する力を利用した治療法です。ダメージを受けた部分は、回復しようとしてコラーゲンを作り出します。コラーゲンの再生成によりハリ、ツヤなどの美肌効果を感じることが出来ます。高周波の熱を当てるといっても、最新のマシンを用いれば痛みもほとんどないので心配はありません。やけどを負った肌が治癒していく段階でリフトアップしていくため、注入治療のような即効性を感じることはできない治療法になります。しかし、急激に変化しない分、周りから治療したことがばれにくく、自然にアンチエイジングができる利点があります。また、長期的な効果を希望する人には、フェイスリフトという方法がおすすめです。耳の周りを切開し、皮下の表在性筋膜を持ち上げ、フェイスラインを引き上げることによってほうれい線を目立たなくさせます。これは効果が10年間ほど持続するため、他の方法のように頻繁に治療を受ける必要がありません。治療時間自体は2時間半程度で終わりますが、抜糸まで一週間ほどかかるため、時間的な余裕が必要になります。また、費用が四つの施術方法の中で最も高いため、高額でも長期的なアンチエイジング効果を求める人にふさわしい治療方法になります。切開には抵抗を感じるという人は、スレッドリフトという治療を受けることをおすすめします。これは、特別に開発された糸を皮下組織に挿入して皮膚を持ち上げることで、リフトアップの効果を得られるという施術です。糸を挿入するのにかかる時間は5分程度と一番短く、傷も針の跡だけなので目立ちません。糸自体は2年ほどで体内に吸収されるため、効果を持続させたい人はその頃に再治療が必要です。しかし切開しない方法なので、切らずにほうれい線を目立たなくしたいという人におすすめの方法といえるでしょう。アンチエイジング治療法のメリット・デメリットを確認して、自分にあった方法を見つけてください。